正しく入れば過食予防に!お風呂おふろオフロ🛁

食と健康

こんにちは、やよいです!

みなさんはお風呂、好きですか?筆者は大好きです(^^)独身時代も子供が産まれてからも、温泉にはよく行っていました。いまはコロナ禍でめっきり頻度が減ってしまいましたが、おうちでも楽しめるのがお風呂のいいところですよね。

さて、そんなお風呂に入ることで、食欲が落ち着いたり逆に増したりすることをご存じでしたでしょうか?今回はお風呂と食欲の関係を書いていきますね!

入り方で結果が正反対に!

「お風呂に入ると食欲がなくなってダイエットにいい」「お風呂に入るとお腹が空く」これ、両方聞いたことありませんか?

いやどっちなん?と言いたくなるところですが、なんとこれどちらも真実なのです。まとめると以下の通りです。

お風呂で食欲抑制効果

40℃程のお風呂に入ると皮膚表面の血行がよくなり、胃腸等の消化器官に集中していた血液も、全身を巡るようになります。つまり胃腸等の消化器官の働きが抑えられるため、食欲も落ち着くのです。

お風呂で食欲増進効果

39℃以下のお風呂に入ると、内臓の働きが活発になるので、食欲も旺盛になります。冷えや夏バテには効果てきめんですが、食欲抑制効果を期待するなら40℃程の温度設定にしたほうがいいでしょう。

温度が分かれ目

このように、同じお風呂に入るのでも、温度によって全く逆の効果が出るのです。

お風呂に入るタイミング

お風呂はごはんの前?あと?

朝風呂派の人も多くいますが、一般的には、夜、夕食の前かあとにお風呂に入る人が多いでしょう。

さっきの温度のことのように、入るタイミングによって得られる効果は変わってくるのでしょうか?これについては、結論から言えば、夕食の前でもあとでも食欲抑制効果があります。

お風呂に入ると全身の血行がよくなり胃腸等の消化器官へ集まる血液が減るため、結果消化器官の働きが抑えられ、食欲も抑えられます。これは食前でも食後でも同様です。前後で変わってくるのは以下のようなことです。

ごはんの前のお風呂

食前にお風呂に入るときは、空腹のことも多いと思います。

その場合、痩せやすくなることも期待できます。空腹時に運動やカロリー消費をするとき、体脂肪からエネルギーが使われるので痩せやすくなりますが、お風呂でもこの効果が得られます。お風呂って意外と消耗するのです。

ただし、空腹時にお風呂に入ると貧血やめまいを起こしやすいので、注意してくださいね。

また、入浴後は消化器官の働きが鈍った状態がしばらく続くので、1時間くらい経ってから食事をすると器官に負担がかからず安心です。

ごはんのあとのお風呂

では、食後に満腹状態でする入浴はどうでしょうか。

全身の血の巡りがよくなり消化器官の働きが抑えられるので、食前と同様に食欲抑制効果はあります。ただし、胃に物が入った状態なので、消化が悪くなります。胃腸等の消化器官に必要以上に負担がかかるようになるということですね。

ですので、消化器官が弱い方はやらないほうがいいです。そうではない方も、実践してみて、胃腸の調子が悪くなったり眠れなくなったりなにかしらの変調があらわれたらやめましょう。

おわりに

食前の入浴は夕食の食べ過ぎ予防になりますし、食後の入浴は食後のデザートや深夜の夜食を食べずに済みます。

空腹でついつい夕食にがっついてしまう…

お腹いっぱいなのに、夕食後に別腹のデザートを食べてしまう…

なんて方は、ご自身の身体と相談しながら、この入浴法を試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました